ルイヴィトン(LOUIS VITTON)とは

ルイヴィトン(LOUIS VITTON)は、創業者のルイ・ヴィトンがわずか16歳で立ち上げたフランスのブランドです。創業当時は、頑丈なスーツケースを作成し、その後さまざまな賞を受賞しています。 その後ハンドバッグの販売へと事業拡大し、今では世界を代表する高級ブランドとして成長を遂げ、世界中で愛されるブランドの代表格となっています。 そんなルイヴィトンは、様々なコラボレーションを実施しており、中でも有名アーティストとのコラボレーションは、世界的にも注目されています。

2013年 アーティストとのコラボ

2013年に世界のアーテイスト3組とコラボレーションを実施しました。 パリ出身のエル シード(eL Seed)、イギリス出身のエイン(EINE)インドネシア出身のエコヌグロホ(Eko Nugroho)という3人の世界で活躍するストリートアーティストです。 eL Seedは、ルイヴィトンのモノグラムの上に曲線のデザインを施したものを、EINEは、カラフルでポップな色使いのデザインを、Eko Nugrohoはブルーとカーキの幾何学模様を描いたデザインをそれぞれ作っており、今までのルイヴィトンに新たな風を吹き込んでいます。

スコットキャンベル(Scott Campbell)

さらに異例のコラボレーションとして、タトゥアーティストのスコットキャンベル(Scott Campbell)が選ばれており、今までにないルイヴィトンの作品をこの世に送り出しています。

村上隆

また、日本を代表するアーティストとのコラボレーションも数多く実施しています。現代美術家である村上隆氏ともコラボレーションしています。 クラシックなモノグラムをポップなアートと組み合わせたデザインのバッグは、今でもたくさんの人々に愛用されていることで有名です。

コムデギャルソン(COMME des GARÇONS)

また、デザイナーの川久保玲が立ち上げたコムデギャルソン(COMME des GARÇONS)ともルイヴィトンの代表作であるモノグラムのバッグがコラボレーションしています。

草間彌生

そして、忘れてはならないのが、草間彌生氏とのコラボレーションです。2014年までルイヴィトンのクリエイティブデザイナーをつとめていたマークジェイコブス(Marc Jacobs)が草間彌生氏のデザインに惚れ込み、何度かコラボレーションを実現させています。 このように、世界のみならず日本のアーティストとも積極的にコラボレーションしていることがルイヴィトンの特徴です。
ルイヴィトンの買取についてはこちら»