ルシアンペラフィネ(Lucien Pellat-finet)は、フランスのニースに生まれました。1969年にニースにあるビジネススクール「SUP DE CO」に入学します。 ビジネススクールを卒業した後には、ピエール・カルダン(Pierre Cardin)というブランドで、ジュニアラインの洋服のモデルとして勤めた時期もありました。 モデルとして働く傍らでは、パリ版の雑誌ヴォーグ・オム(Vogue Homme)において、ファッションエディターとしても勤めています。1974年には、ティエリー・ミュグレー(Thierry Mugler)の手掛けたブランドである、ミュグレー(Mugler)において、小物のスタイリングを手掛けるなど精力的に活動をしていました。 その後は、有名ブランドシャネル(Chanel)でもスタイリングを担当しますが、その後、一時的に活動を休止することとなります。その活動重視期間中に、ルシアンパラフィネは、世界中を旅して周り、沢山の刺激を受け、その後のブランド製作にも大きく影響を及ぼすこととなります。 その旅行中に出会ったのが、職人が作ったカシミアのセーターです。ウィンドウに飾られていたカシミアとの出会いがきっかけとなり、ルシアンパラフィネの代名詞とも呼ばれるまでに、カシミアを中心に据えた製作を行うのでした。 そして、1986年に、自身の名前をつけたブティックをパリにオープンさせます。服や小物などをデザインし、販売をおこなっていましたが、1990年にブティックを閉じ、静養期間へとはいります。その静養期間で再び、世界を放浪するための度へと出かけます。 1994年には、自身の名前ルシアンペラフィネをつけたブランドを設立して、新たなスターをきるのでした。そのときに自身初のコレクションに「Luxury street wear(ラグジュアリーストリートウエア)」と名付け、ラグジュアリーとストリートの融合を目指しました。上質感と着心地の良さを大切にしているルシアンペラフィネですが、ストリートや世界中で起こる出来事や日常からインスパイアされたデザインを発信し続けています。
ルシアンペラフィネの買取についてはこちら»