ルシアンペラフィネ(lucien pellat-finet)はフランスのブランドです。1986年にルシアンペラフィネ(Lucien Pattat-Finet)自身の名前をとったブティックを初めてパリでオープンさせたのが始まりとなっています。 ルシアンペラフィネは、ピエール・カルダン(Pierre Cardin)のモデルを務めていることもありました。そして1994年に自身の名前を冠したブランドを設立しました。 ファッション業界で活躍していたルシアンペラフィネは、自身のコレクションを製作することを夢見ていたころ、フランスの街角で、ショーウィンドウに飾ってあったカシミアのセーターに目を奪われたのがきっかけとなり、1994年から1995年の秋冬シーズンには、「Luxury street wear(ラグジュアリー ストリート ウエア)」と名付けられたカシミアのレディースウエアのコレクションをアメリカ、ニューヨークで発表しました。 クリエイティビティ溢れるファッションとカシミアのコラボレーションに全力で取り組んだルシアンペラフィネの作品は、世界中で好評となります。このコレクションは、世界最高峰を誇るニューヨークのラグジュアリーブティックの中でも、選りすぐりの特定のバイヤーにのみ発表され、これを機に絶大な信頼を得るのでした。 ハイクオリティな素材と、ルシアンペラフィネを象徴するインターシャによって手掛けられたユニークなデザインは、バイヤーたちを虜にしました。これを機に、アメリカにおいでラグジュアリーブランドとしての地位を確立します。 プレス達からは、「キング・オブ・カシミア(King of Casumere)」の称号をあたえられることとなりました。1997年にはランウェイデビューも果たします。1996年からルシアンペラフィネのメンズウエアの製作にも着手しました。 1998年にはキッズラインも展開し、事業を多角的に展開していきます。そして、1999年に、パリにルシアンペラフィネのブティックを再びオープンさせることになったのです。 2002年には、東京の表参道にも新しいブティックをオープンさせ、さらに、2007年には六本木のミッドタウンに新しいショップをオープンさせるなど、次々に新しいお店を展開しています。
ルシアンペラフィネの買取についてはこちら»