フェノメノンは、音楽とファッションを組み合わせた独自のセンスが特徴のファッションブランドです。インパクトのあるデザインを取り入れたファッションで、他のブランドにはないようなジャケットやTシャツが人気を集めています。 そんなフェノメノンは、他のブランドとのコラボレーションにも力を注いでおり、発表されるコラボアイテムもファッション業界から注目を集めるアイテムばかりです。

エムシーエム(MCM)

フェノメノンがまずコラボを実現したブランドは、ドイツで生まれたファッションブランドであるエムシーエム(MCM)です。 2010-11年の秋冬コレクションで初めてコラボアイテムを発表し、2011年の春夏シーズンでは早速第二弾のコラボが実現しました。 第二弾アイテムは、季節感を意識した爽やかさが特徴のアイテムが揃い、ジェンダーレスな仕上がりとなっています。マオリ族のタトゥーからヒントを得たというコラボアイテムは全部で15種類あり、メッセンジャーバッグやiPhoneなど実用的なアイテムが多くみられました。 2011-12年の秋冬コレクションでは、エムシーエムの代名詞とも言えるコニャックと、フェノメノンのタイガーカモフラージュをミックスさせた第三弾コラボを発表します。 コラボアイテムは、ジャケットやトレンチコートなど約20種類に及び、ファッション業界関係者にも大きなインパクトを与えました。 コラボをきっかけに、エムシーバイフェノメノン(MCMbyPHENOMENON)は一躍脚光を浴びるコラボブランドととして発展していくのです。

リボルバー(REVOLVER)

2011年の10月には、フェノメノンと同じく音楽をコンセプトとしたファッションブランドである、リボルバー(REVOLVER)とのコラボを発表します。 フェノメノンのスタイルにリボルバーのデザインを組み合わせた、全く新しいスタイルのアイテムを揃え、コラボアイテムのみのポップアップショップをオープンさせました。 代官山にあるボンジュールレコード(bonjour records)内に期間限定でオープンしたポップアップショップには、そこでしか入手することのできないラインナップが注目を集めます。レアアイテムを手に入れようと、ショップ開催期間中はたくさんのファンが押し寄せました。

ヨシコクリエーションパリ(YoshikoCreationParis)

フェノメノンは、ファッションだけでなくジュエリーブランドとのコラボも果たしています。 2011年12月に発表されたのは、ヨシコクリエーションパリ(YoshikoCreationParis)とのコラボです。 パリにセレクトショップを持つ梶谷好孝がデザイナーを務めるジュエリーブランドと、フェノメノンのストリートな味わいが融合したアイテムが発表されます。 ペンダントやリングなど、全6種類のアクセサリーが出そろい、きらびやかな中にもハードさの漂う不思議な魅力を放つ作品として人気を集めました。
フェノメノンの買取についてはこちら»