トムブラウンニューヨーク(THOM BROWNE. NEW YORK)は、アメリカ生まれのデザイナーであるトムブラウン(Thom Browne)により設立されたブランドです。 2003年に発表されたコレクションで人気に火が付き、一気にトップブランドへの仲間入りを果たしました。主にスーツに力を入れたブランドで、後に日本でも展開され、大変な人気を博します。

トリコロールテープ

トムブラウンのコレクションで最も特徴的なのが、トリコロールテープです。 ブランド立ち上げ時より、スーツ向けのシャツだけでなく、小物などあらゆる物にトリコロールテープが使われています。 シャツやカーディガンのボタンホール部分、スーツの裏地、ジャケットの首回りやシャツの袖の他、シューズやメガネにもトリコロールの配色が施されている、トム・ブラウン一番のこだわりです。 トレードマークとして定着したトリコロールテープが、ファッションのアクセントとなり、多くの有名人を魅了しています。かっちりしたスーツも、トリコロールテープがカジュアルさと遊び心をプラスしてくれます。 トリコロールカラーはアメリカ国旗と同じ配色で、オリンピックのユニフォームからアイデアを得たと言われています。 彼は日本初の店舗をオープンさせた時のインタビューで、トリコロールカラーはフランスを連想させるが、単に好きなだけという趣旨のことも語りました。

トリコロールとグレー

トムブラウンのコレクションは、アメリカントラディショナルなテイストが基本で、スーツもグレーは飽きないという持論の元、グレースーツがメインです。 グレーもトム自身が好きなカラーであり、トム・ブラウンのスーツを語るうえで、トリコロールとグレーは外せないカラーでもあります。トム自身も、グレーのスーツにグレーのカーディガン、そこに少しトリコロールテープをのぞかせるという着こなしを披露したこともありました。 トリコロールカラーは、トム・ブラウン自身にとってもトムブラウンのブランドにとっても、切っても切れない必要不可欠なものとなっています。
トムブラウンの買取についてはこちら»