ティファニー(Tiffany & Co.)は現在まで存続しているラグジュアリーブランドの中でも突出した歴史を持つ老舗ブランドです。

ティファニーの始まり

1837年9月18日、チャールズ・ルイス・ティファニー(Charles Lewis Tiffany)と、学友であるジョン・B・ヤング(John B. Young)の2人が、ティファニーのもととなる会社ティファニー・アンド・ヤング(Tiffany & Young)を設立しました。 店はニューヨーク ブロードウェイ259番地に最初置かれ、ここからティファニーの歴史が始まりました。開店当初は文房具や装飾品を販売していました。 他店に並ぶ一般的な値段ではなく各販売商品に値札を付け、値引き交渉には応じない、という当時にして革新的な手法を貫いていました。

ティファニー・ブルー(Tiffany Blue)

1843年よりヨーロッパから輸入したゴールドジュエリーの販売を始め、1845年には世界初となる郵便発送で通信販売を行うメールオーダーカタログ「ブルーブック(BLUE BOOK)」の発行を開始しました。 ティファニーの象徴でもあるティファニー・ブルー(Tiffany Blue)はここから生まれ、この頃からパッケージに使われるようになります。ブルーブックの中では、日本の紙張り子、中国の輸入品、ステッキなどを販売していきました。

大きな転機 二月革命

こうして少しずつ売り上げを伸ばしていったティファニーに、1848年転機が訪れました。それこそがフランスで起きた二月革命です。ティファニーは、国を逃れようとした貴族たちが手放そうとしていた貴重な宝石を買い占めることに目をつけます。 マリーアントワネット(Marie Antoinette)、ルイ15世(Louis XV)の宝石、フランス王室の王冠などを安い値段で買い占めます。この流れによってティファニーはあっという間に宝石商としての地位を確立し、ティファニーの代名詞でもあるダイヤモンドジュエリーの販売を開始しました。 1850年代に入ると金だけではなく銀製品の取り扱いも始めます。1853年には現在まで使用されているティファニー&カンパニーという会社名に変更、ニューヨークの本店前にティファニーの象徴ともいえるアトラスクロックが設置されたのもこの時期でした。

地位は不動のものへ

ティファニーの勢いはすさまじく、1867年にパリで開催された万博でアメリカの企業として初の銀器部門で優秀賞を受賞しました。 さらには1878年パリ万博のジュエリー部門でゴールドメダル、銀製品部門でグランプリを受賞、その名はアメリカ全土に轟きました。しかし、ティファニーは店舗を増やそうとはせず、1870年までに4店舗ほどしか出店していません。 1885年にティファニーは、アメリカ合衆国印章の新たなデザインを任されることになり、このデザインは現在のアメリカ合衆国の1ドル紙幣にも使用され続けています。 1886年には、ダイヤモンドのまわりを6本の爪で支えた「ティファニー・セッティング(Tiffany Settings)」を発表し、その地位を不動なものにしていくのです。