ティファニー(Tiffany&Co.)は、1837年にアメリカで生まれた宝飾品や銀製品のブランド店です。今では、日本やヨーロッパをはじめ世界20か国以上に展開されています。 そんなティファニーは、1853年に時計事業にも進出し、時計の本場のスイスに工場を移します。2007年には、時計のメーカーであるスウォッチ(Swatch)グループと業務提携を行う発表をしましたが、2011年には解消しています。 ここからは、ティファニーが持つ代表的な腕時計に触れていきます。

「ティファニーCT60」

まずは、ティファニーの時計の代表的なシリーズとして知られているティファニーCT60です。 フランクリン・ルーズベルト(Franklin Delano Roosevelt)大統領の誕生日に送られたティファニーの時計を元に作られたシリーズで、最高品質のパーツと時計の国スイスの技術が融合した、ヴィンテージ感あふれるラインナップになっています。 サファイヤクリスタルのケースバックが使用されており、内臓されている自動巻きムーブメントが特徴のデザインです。文字盤の色、フレームの色、ベルトの種類などデザインがさまざまで、メンズライン、レディースラインともに重厚感と高級感にあふれています。

「ティファニーイーストウェスト」

すっきりとしたスクエア型が特徴のティファニーイーストウエストは、1940年代にトラベルクロックを参考に生まれたラインナップです。 まるで、ニューヨークの高層ビル群を彷彿とさせるようなデザインになっています。文字盤が横になっていることも他のブランドにはない特徴です。

「ティファニーアトラス」

1853年頃生まれたシリーズがティファニーアトラスです。まだ公共の場所に時計が設置されていなかった頃、ティファニーは本社の正面に時計を設置し人々の生活に貢献しました。 働くニューヨークの人々は、この時計を自分の腕時計の時間と合わせるのが日課だったというエピソードもあります。 そんなアトラスクロックを元に作られたのが、このシリーズです。文字盤の数字が、ローマ数字になっており、まさにアトラスクロックと同じ仕様になっています。 そして、ニューヨークのきらびやかな姿に溶け込むデザインのラインナップがティファニーカクテルウォッチです。スイスのクラフトマンシップが融合して生まれたデザインが特徴になっています。 文字盤やフレームにダイヤモンドが敷き詰められ、キラキラと輝くラグジュアリーなデザインが特徴です。