トーガの始まり

「トーガ(TOGA)」は、2001年に立ち上げられて以来、世界中の注目を集めています。 その独特の世界観を生み出すデザイナー、古田泰子は1971年、岐阜県に生まれました。エスモード・ジャパンを修了後、エスモードパリへ遊学、その後CMの衣装制作の仕事を経て、トーガ・アーカイブスを設立します。 ブランド名になっている「TOGA」とは、ギリシア神話における聖なる衣という意味です。攻撃性と上品さ、アンダーグラウンドとイノセントの融合という、相反する、混沌とした世界観を体現したデザインが特徴です。

活動拠点はパリへ

2001年のA/Wで初めて東京コレクションに参加し、2004年には恵比寿に初めての町営店をオープンさせました。同じ年、「トーガ・プルラ(TOGA・PULLA)」という別ラインをスタートし、2005年にはパリコレクションに参加します。 2006年、活動の拠点をパリへと移し、2007年のA/Wコレクションからは展示形式でコレクションを発表し、話題を集めました。 彼女のデザインはパターンの工夫が特徴的で、特に立体的なラインが目を引くジャケットや美しい三角形のフォルムが人々を魅了するミニドレスなど、オリジナリティー溢れる作品を発表し、その名を世に知らしめます。

成長していくブランド

2008年大阪、2009年福岡にそれぞれ店舗を出店し、原宿、金沢に続いて国内には4店舗、ショップを出店しています。 また、2005年には一点ものラインの「トーガ・ピクタ(TOGA・PICTA)」、2011~2012のA/Wシーズンよりメンズライン「トーガ・ビリリーズ(TOGA・VIRILIS)」を展開し、今なお精力的に新境地を切り開いている最中です。 結婚、出産を経て現在、活動の拠点をロンドンへと移し、2015年に実に9年ぶりとなるランウェイショーを開催したことが大きなニュースとなりました。

トーガの大ファン レディー・ガガ

アメリカの人気シンガー、レディー・ガガは、トーガの大ファンであることを公言しています。 古田泰子が生み出す世界観に魅了されたレディー・ガガは、東北大震災チャリティーイベントライブの際にもトーガのハイウエストパンツを着用してステージに立ったほか、ハードスケジュールの合間をぬって東京の直営店や、トーガが展開する古着店「トーガ・エクスティーシー(TOGA・XTC)」を訪れショッピングを楽しむ姿が、大きく報道されました。

次世代を担う古田泰子

古田泰子は2007年にフランス国立モード芸術協会主催ANDAMを受賞、2009年には毎日ファッション大賞を受賞します。古田泰子は次世代を担うファッションデザイナーとして「バックトゥベーシック」をコンセプトに、ファッション界の期待を一身に背負っています。
トーガの買取についてはこちら»