フランスのラグジュアリーブランドである「バルマン(Balmain)」は、1945年にピエール・バルマン(Pierre Balmain)が設立したブランドです。

ファッションと身近な幼少期

バルマンは、1914年に紳士服の卸業を運営している父親とブティックを経営している母親の元、フランスのサヴォワで誕生しました。 両親ともにアパレル関係の職業だったので、バルマン自身も幼少よりファッションに強い関心を持っており、パリ国立美術学校に進学したときには建築を学びましたがその後、幼いころから身近な存在であったファッションの道に進みました。

メゾンで経験を積む

イギリス人のデザイナー、エドワード・モリーヌ(Edward Moline)にデッサンを見せたところ、才能を見出され、それがきっかけで1934年からモリーヌのメゾンで働くことになります。 1939年からはルシアン・ルロン(Lucian Ruong)のメゾンで、デザイナーが考案したとおりに作品の見本を作るモデリストを担当します。ルロンのメゾンでは、クリスチャン・ディオール(Christian Dior)もモデリストとして働いていました。

「ピエール・バルマン」のスタート

1945年にメゾンから独立したバルマンは、自身の名前を使用し「ピエール・バルマン」というメゾンを開設します。開設当初は評価されることなく苦労の時代もありました。 さらに終戦後で、素材の調達や資金面でも非常に苦しい時期でしたが、両親や親族からの援助を受けつつコレクションの発表を続けました。

フランスを代表するブランドへ

1950年代には、ディオールとバレンシアガと並んで3大デザイナーと呼ばれていました。 ピエール・バルマンのコレクションは、シンプルかつクラシカルなデザインが特徴です。 そのデザインが高く評価されるようになり、同時に舞台衣装のデザインを行った結果、女優たちから高い評価を得て、世間から注目されるようになり、一躍人気ブランドへと成長しました。 エヴァ・ガードナー(Eva Gardner)やブリジッド・バルドー(Brigid Bardot)といった大女優のドレスも手掛け、バルマンはフランスを代表するブランドになります。 その後も積極的に映画や舞台衣装をデザインし、舞台や演劇世界のトップの賞である「トニー賞」の衣装デザイン賞を受賞したこともあります。

バルマンの香水

バルマンは香水もファッションのひとつと考え、メゾン立ち上げからまもなく香水の開発も始めました。 その時に誕生した香水が当時のアトリエ住所から名付けた「Elysees 64-83.」です。 これが大ヒットし、その後発売した香水もヒットしとことでバルマンは香水のブランドとしても地位を確立しました。 1982年にピエール・バルマンが死去するまで、バルマンは苦しい時代を乗り越えて順風満帆に拡大していきます。
バルマン 高価買取いたします »