近年、様々なブランドどうしや、他ジャンルのブランド、アーティストなどのコラボレーションは頻繁に行われるようになってきています。 ですが、シャネルはあまりそういう他社ブランドとコラボしたアイテムがないようで、コラボレーション企画自体も多くないのではないかと思われます。

アラン・デュカス

2004年には、フランス料理界を代表するシェフであるアラン・デュカスとコラボレーションし、東京、銀座にフレンチレストラン「Beige Alain Ducasse Tokyo」(ベージュ・アランデュカス東京)をオープンさせています。 アラン・デュカスとは史上最年少で3つ星を獲得した優秀なシェフであり、ミシュランの3つ星レストランを3軒経営しているほどの人物です。 そのインテリアは世界中のシャネルのブティックを手掛けるデザイナー、ピーター・マリノによるもので、日本の伝統工芸品なども置かれており、大変贅沢な空間となっています。 その空間で、厳選された最高の日本の食材と、フランスでしか手に入らない厳選素材を使ったフランス料理が振舞われます。 また毎年、料理でオートクチュールを表現した「コレクション ベージュ」も開催しており、そのための特別なコースが期間限定で提供されると言います。

beats(ビーツ)シリーズ

2014-2015年秋冬コレクションでは、老舗のオーディオメーカー「モンスター」(MONSTER)とコラボレーションした「beats」(ビーツ)シリーズのヘッドフォンがお披露目されています。 両耳のバッフルをつなぐアーチ部分にはいかにもシャネルらしいマトラッセのデザインが施され、上質な質感のレザー素材と相まって、極上の佇まい。 ブラックとホワイトの2色展開で、セットの収納ポーチもマトラッセデザインという、シャネルファンにはたまらないコラボアイテムとなっています。

セグウェイ

その他、目を疑うようなアイテムとして、シャネルとコラボレーションしたセグウェイ、というのもあるようです。 グリップ部分にマトラッセのバッグがセットされ、シャフトには「CHANEL」のロゴが踊っている、という幻のレアアイテムですが、これに関しては実際に販売されたのか、現在どうなっているのかは定かになっていません。

パロディTシャツの存在

最後に、2015年頃にインスタグラムなどのSNSから火がついて、巷でコラボレーションではないかと話題になったシャネルとナイキのTシャツというのがありますが、こちらはシャネル社とナイキ社の正式なコラボレーションによるものではありません。 海外のデザイナーズによるEvanesce Boutique (エヴァネッスブティック)というブランドから出ているパロディTシャツです。それを理解した上で着用するなら、面白いアイテムと言えるかもしれません。
シャネルの買取についてはこちら»