「ヴァリス バイ ファクトタム(VALLIS by FACTOTUM)」と「ファクトタム ジーンズ(FACTOTUM JEANS、FTM JNS)」は、日本のファッションブランド「ファクトタム(FACTOTUM)」から派生したブランドです。 ヴァリス バイ ファクトタムとファクトタム ジーンズは、ともに2015年から、それぞれライン展開を開始しています。もともとのブランドであるファクトタムにこれらの新たなふたつのラインを加えることで、ファクトタムはブランド全体でのアイテム数を大幅に増加しました。グローバルブランドとしての成長を視野に入れた、3ブランド体制を整えています。 このうち、ヴァリス バイ ファクトタムはよりベーシックなラインナップを展開しています。ファクトタムらしさをベースにしつつも、より普遍的で、長く愛用できる普段使いのベーシックアイテムを提案しています。ヴァリス バイ ファクトタムのアイテムは、シンプルななかに利便性を兼ね備えたデザインが特徴です。 また、ベーシックでありながらも、素材やディテールにはファクトタムならではの粋なこだわりが光ります。コレクションは、毎シーズン、ほぼ変わらないデザインのものを継続して展開しています。ちなみにブランド名「VALLIS by FACTOTUM」の「VALLIS」はラテン語で「谷」を意味し、ヴァリス バイ ファクトタムが拠点を置いている東京の鶯谷の谷からきています。 ファクトタム ジーンズは、公式サイトなどでは「FTM JNS」とも表記します。ロゴのデザインもFTM JNSになっています。ファクトタム ジーンズでは、ファクトタムの象徴とも言えるデニムをメインにGジャン、ミリタリージャケットやミリタリーパンツなど、ワークウェアやミリタリーの要素を取り入れたアイテムが中心です。 ヴィンテージを意識しつつも、より現代的な要素が加えられた、ファクトタムならではのデザインのアイテムが取り揃えられています。パンツの股上を深めにするなど、アイテムはゆったりとしたシルエットがメインです。 また、メイド・イン・ジャパンにこだわり、ワードローブとして長く愛用されるようなアイテム作りを目指しているのも、ファクトタム ジーンズの特徴です。
ファクトタムの買取についてはこちら»