「+J(プラスジェイ)」は、ジルサンダーと日本を代表するファストファッションブランド「ユニクロ」のコラボレーションです。 当時、デザイナーのジルサンダーは自身の名がついた「ジルサンダー」のブランドから手を引いており、個人でデザイナー活動を行っていました。ただし、ジルサンダーの影響力は衰えることはなく、2009年にユニクロがジルサンダー本人と手を組み、初めてのコラボレーションアイテムを発表します。 その後2014年に復活し、2015年は「ベストオブ+J」として過去のコレクションから人気のあった商品を厳選して展開しました。2014年に発表の際には、銀座のユニクロに商品を求めて長い行列ができ、人気アイテムは即完売になりました。 ジルサンダーがデザインした+Jは、ブランドのイメージカラーとも言われているホワイトの他に、ブラックが使われています。ジルサンダーが得意とする美しいシルエットも反映し、シンプルで日常に着られる中にも洗練された美しさや上品さをプラスしたアイテムです。 +Jの中で男女ともに一番の人気となり、毎シーズン品薄だったシンプルなシャツは、「完璧とまで言われたシャツ」と銘打って、ユニクロがシャツに使用する高級コットンを厳選しました。ジルサンダーのデザインに沿って裁断、縫製、付属にもこだわりを見せます。着心地が良く美しいデザインが低価格で手に入るとあり、このシャツは毎シーズンの定番商品になっています。 シャツの他には、スリムフィットのパンツも人気商品です。裾に向かって絞られたパンツは、足が細く長く見えると評判です。シャツ、パンツ、ジャケットからアウターまで、トータルでコーディネートが出来るように展開されました。色もジルサンダーの特徴であるホワイトを中心に、ブラックやネイビー、カーキなど、大人の着こなしがしやすいものを選択しています。 どの商品にも同じ色を使っているため、ジャケットとパンツなどとのセットアップも可能です。オンラインショップや店頭でも品薄状態が続いた+J、今後の新たなコレクションの発表が期待されます。