三陽商会とのライセンス契約

2015年、日本国内におけるバーバリー(Burberry)とのライセンス販売契約が終了しました。その跡地ブランドとして、イギリスのマッキントッシュ(Mackintosh)とのライセンス契約がスタート。 契約を結んでいる三陽商会が、マッキントッシュの日本国内販売用にマッキントッシュロンドン(Mackintosh LONDON)の新作モデルを発表しました。 すでに八木通商というアパレル会社がマッキントッシュを子会社化していましたが、三陽商会と力を合わせて日本オリジナルのマッキントッシュロンドンを作り上げて行くこととなります。 本家マッキントッシュは、世界で初めて布地にゴム素材をコーティングしたゴム引きコートを販売したブランドです。これにより、イギリスでアウターウェアのトップブランドとしての地位を築いています。

マッキントッシュロンドンの魅力

マッキントッシュロンドンもアウターに主力を置くスタイルは変えず、伝統のゴム引きコートも様々なデザインを展開しています。アウター最高峰の地位は譲らないという三陽商会の強い信念が垣間見えるラインナップです。 イギリスのマッキントッシュの伝統は崩さぬまま、コートのみならずウェアをトータル的に生産販売しているマッキントッシュロンドン。 三陽商会が少し安価なラインとして展開しているマッキントッシュフィロソフィー(Mackintosh Philosophy)と、本家のマッキントッシュの良いところを全て盛り込んだブランドです。 バーバリー時代はウェアのみで雑貨の展開はなく、マッキントッシュロンドンで商品アイテムの幅が広がることに。バーバリーを日本で成功させた三陽商会がそのノウハウを最大限に生かして企画した商品は、高い評価を得ています。 マッキントッシュロンドンは本家マッキントッシュと同様、高級ウェアブランドのため価格帯が決してお手頃とは言い難いものがあります。しかし、上質なものを求める中年層からあつい支持を受けているのです。
マッキントッシュ 高価買取いたします »