本人が語るマルジェラ

マルタン・マルジェラ(Martin Margiela)本人を題材にしたドキュメンタリー映画「マルジェラが語る"マルタン・マルジェラ"(原題:Martin Margiela: In His Own Words)」が2021年9月17日から渋谷ホワイトシネクインやフィーマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥地ほか全国の劇場で順次公開されました。 マルタン・マルジェラはキャリアを通して一切公の場に姿を現さず、あらゆる取材を断り続け、そのすべてが謎のベールに包まれた存在でした。しかし、本作では初めてマルタン・マルジェラ本人が制作に協力し、これまで一切語ることのなかったキャリアやクリエイティビティ、彼自身が影響を受けた祖母や子供時代について沈黙を破り、本人の言葉で綴られたこれまでにないドキュメンタリー映画です。

監督を務めたのはライナー・ホルツェマー

同作を手掛けたのは世界中で決定的瞬間を捉え続けてきた写真家集団を追ったドキュメンタリー映画「マグナム・フォト 世界を変える写真家たち(原題:MAGNUM PHOTOS - EIN MYTHOS ANDERT SICH/MAGNUM PHOT)」やアントワープ王立芸術学院出身でアントワープ6と呼ばれる内の一人であるドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)のドキュメンタリー映画「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(原題:Dries)」を手掛けたライナー・ホルツェアー(Reiner Holzemer)が制作しました。 ライナー・ホルツェアーはマルタン・マルジェラの信頼関係を構築し、ドキュメンタリー映画を完成させました。同作では「このドキュメンタリーのためだけ。」「顔は写さない。」という条件のもとに謎に包まれてきたマルタン・マルジェラの素顔を明かしています。

本人が貴重な資料と共に語る

初めて公表されるドローイングや膨大なメモ、7歳で作ったとされるバービー人形の服などプライベートの記録を見せ、ドレスメーカーだった祖母からの影響、ジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)のアシスタント時代、ヒット作であるタビブーツの誕生、世界的なハイブランドであるエルメス(HERMES)のデザイナーへの抜擢就任、そして51歳にして突然の引退。そのすべてをカメラの前でマルタン・マルジェラ本人が明かしています。