世界に最も影響を与えたブランド

メゾンマルジェラ(Maison Margiela)は、1988年、フランスのパリで創設されたファッションブランドです。 メゾンマルジェラではウィメンズファッション、メンズファッション、シューズ、アクセサリー、バッグ、香水など、多数のアイテムを展開しています。 デザインのコンセプトとしては「反モード」を掲げ、流行に反したボディーラインのファッションなどを提案しました。軍服をアレンジした作品に代表されるような「ポぺリズム」と呼ばれるスタイルでも知られています。 コレクションアイテムは各コンセプトでグループ分けされており、「カレンダータグ」と呼ばれる、数字を記したタグを見れば、そのグループが分かる仕組みが有名です。

メゾンマルジェラの始まり

メゾンマルジェラを創設したマルタン・マルジェラは、1959年のベルギーに生まれ、アントワープ王立芸術学院でファッションを専攻しています。 卒業後、ジャン=ポール・ゴルティエ(Jean-Paul GAULTIER)のアシスタントを経て、自身のレーベルとなるメゾンマルジェラを創設しました。 創設当初は、マルタン・マルジェラの名前をそのままとり、「メゾンマルタンマルジェラ(Maison Martin Margiela)」がブランド名として使われていました。ブランド名が「メゾンマルジェラ」に変更されたのは2015年のことです。

トレンドの先駆者

メゾンマルジェラ(当時はメゾンマルタンマルジェラ)は、1989年にパリコレクションデビューを果たしました。 それまでのトレンドを覆すデザインは「デストロイ・コレクション」とも呼ばれ、その後90年代に流行する、グランジファッションの先駆的コレクションとも評されました。 また、マルタン・マルジェラ自身は、1997年から2003年までの間、フランスの一流ブランドエルメス(HERMES)のデザイナーも務めています。

コムデギャルソンからの影響

創設者のマルタン・マンジェラは日本の代表的なファッションデザイナー、川久保玲のブランド「コムデギャルソン(COMME des GARCONS)」の影響を受けていることでも有名です。 1998年春夏コレクションでは、コムデギャルソンとコラボレーションも行っています。 また、1999年からはメンズラインも新たに展開、同時期からコレクションでのカレンダータグの使用も開始しています。 そのなかでも「女性のための服」を表すライン6は、「エムエムシックスメゾンマルタンマルジェラ(MM6 Maison Martin Margiela)」としてのちに独立したラインとなりました。