モンクレール エディットとは

モンクレール(MONCLER)の2021年春夏コレクションからモンクレール エディット(MONCLER EDIT)が発表されました。 モンクレール エディットは、ファッション性だけではなく、実用性を重視する男性に向けたラインとして発表されたモンクレールの新ラインです。 モンクレール エディットが提案するのは、ライフスタイルに沿ったウェアでありながら、控えめなデザインのアイテムが展開されています。ビジネスウェアのスタイリングやレジャースタイルにも適した高機能のウェアはモンクレールの伝統的な手法に加え、現代的な観点を融合させたモダンなデザインが施されています。

サルトリア・テラーリングのアイテム

新ラインのアイテムでは、サルトリア・テーラリングをテーマにアイテムを展開しています。伝統的な仕立てに用いられるフランネルやテリークロス、ウールなどの素材を使用したアイテムはフォーマルにデザインされ、機能性を兼ね備えたアイテムです。 代表的なモンクレールのトリコロールカラーをブランドロゴに使用せず、ブラックにデザインすることでブランドとしての主張を抑えたデザインが施されています。

新ラインの注目アイテム

今作のアイテムはフォーマルな印象を与えるデザインが施されていますが、リバーシブル仕様になったブローディッグ(Brouding)は注目です。セミフォーマルな場に適したデザインが施され、裏返すとジャガードコーティングのデザインとして生まれ変わります。プライベートやリラックススタイルも兼ね備えた2ウェイで着こなせます。 その他にも、モンクレールのモノグラムが施されたクールネックが展開され、フォーマルでありながら今までのモンクレールとは違った表情を見せるアイテムが展開されています。

伝統的な形をモダンへ進化

モンクレールの伝統的な形を受け継ぎ、エディットコレクションで新たに表現されたのがバトミー(Boutmy)とバラジュック(Balazuc)です。 定番アイテムであるアミオット(Amiot)のバイカースタイルをモダンに進化させています。特にバトミーではボーダー状キルティングやメタル製のスナップボタンが重厚感を演出し、モンクレール エディットを代表するデザインです。
モンクレールの買取についてはこちら»