アディダスバイラフシモンズ(adidas by RafSimons)

ラフシモンズ(Raf Simons)は、ベルギーとフランスを拠点に活動しているファッションブランドです。 若者文化のスタイルを取り入れたテーラードスタイルがラフシモンズの特徴で、カジュアルに着こなせるスタイリッシュなファッションとして支持を集めています。 そんなラフシモンズは、2013年にスニーカーブランドとして世界中にファンを持つアディダス(adidas)とのコラボを発表しました。 コラボスニーカーの名称は、アディダスバイラフシモンズ(adidas by RafSimons)で、今もなお継続的に新作を発表しています。

第一弾

コラボの第一弾として発表されたのが、2013-14年の秋冬コレクションです。パリで行われたメンズコレクションで初お披露目となったスニーカーは、黒を基調にマルチカラーが配色されたモデルとなりました。 アディダス独自の技術であるアディプリーンプラス(adiPRENE+)を採用し、歩きやすさを追求したコラボモデルは、ランニングシューズのスタイルをベースとしたスニーカーに仕上がっています。 全体的に立体感のあるシルエットとなっており、ランウェイでも抜群の存在感で話題になりました。

第二弾

2014年の春夏に発表されたコラボ第二弾には、アディダスの大人気モデルとして広く知られているスタンスミス(STAN SMITH)も登場します。メンズラインのみを展開した第一弾に対し、第二弾はユニセックスのラインナップとなりました。 ラフシモンズらしさが存分に発揮されたモデルは、大胆なカラーリングと斬新なデザインが特徴で、バリエーションも第一弾に比べ格段に増えています。 アディバウンスという独自のテクノロジーを駆使したスニーカーは、トレーニングシューズに花柄という対極イメージのものを組み合わせたラフシモンズらしい一足です。 ソール部分の構造が丸見え状態になっており、見た目にも奇抜なスニーカーと言えます。 ブーツ型のスニーカーも、コラボ第二弾のラインナップで注目を集めました。レザー素材を使用したブーツ型スニーカーは、ソールの厚みもあり奇抜なデザインの一足となっています。

近年のコラボレーションアイテム

2016年の春夏コレクションでは、スタンスミスの新作も発表されました。 スタンスミスのスタイルをシンプルに残し、サイドにラフシモンズの「R」マークを施したスタイリッシュなモデルは、アディダスファンからも絶賛のコラボモデルです。 鏡のように物体をうつしだすメタリックカラーのスタンスミスも登場し、コラボならではの一足となりました。 2016-17年の秋冬コレクションでは、クラシックさを強調したデザインのシューズが登場します。スタンスミスをメインにアイテムを展開し、おしゃれに履きこなせるスニーカーとしてファッション業界内でも話題を集めました。
ラフシモンズの買取についてはこちら»