様々なコラボレーションを積極的に展開しているシュプリーム(Supreme)ですが、ロックバンドとのコラボレーションアイテムも、大変重要な位置づけにあり、シーズン毎にインパクトのあるアイテムを発表しています。

ブラックサバス(Black Sabbath)

2016年のSSシーズンの、イギリスのヘビーロックバンドの重鎮、ブラックサバス(Black Sabbath)とのコラボレーションはまだ記憶に新しいところです。スケートと音楽の関わりを忠実に表したデザインでファンの心を掴みました。 その他には、ブライアンセッツァ―(Brian setzer)率いるネオロカビリーで80年代に一世を風靡したストレイキャッツ(Stray cats)を初め、メンバーが黒人のパンクバンドでミックスチヤ―ロックの先駆者でもあるバッドブレインズ(Bad Brains)など、幅広いアーティストとのコラボレーションを果たしています。

ストレイキャッツ(Stray cats)

ストレイキャッツとのコラボレーションの際はバンドのアイコンでもあるルードキャッツのプリントを使ったTシャツが発売されており、バッドブレインズとのコラボレーションではヴァンズ(VANS)とのトリプルコラボをしたスニーカー、スケートハイ(SK-8 Hi)も発売されました。

デッドケネディーズ(Dead Kennedys)

ハードコア色が強くハードコアパンクに影響を与えたミニアルバムIn God We Trust Incのジャケット写真をバックプリントに落とし込んだワークジャケットを発売し、ファンの心を鷲掴みしたデッドケネディーズ(Dead Kennedys)とのコラボレーションでは、著名人の着用もあり市場での販売金額も上昇しデッドケネディーズを知らなかった人もデッドケネディーズの名前を知ることになったと言われています。

クラッシュ(THE Clash)

2010年のSSには、ジョーストラマー(John Strummer)がボーカリストを務め、WHITE LIOT、LONDON Calling等を代表曲とするパンクバンド、クラッシュ(THE Clash)とのコラボレーションを果たし、ロゴ、フォトを使ったTシャツを発売し,話題を呼びました。 ロックバンドとのコラボレーションではCDのジャケットを使用したものも多く、バンドTシャツとはまた違った楽しみ方の出来る点も、シュプリームのコラボレーションの特徴と言えるでしょう。 毎シーズン、スケートカルチャーと音楽を密接にしているロックバンドとのコラボレーションを果たしており、次はどのバンドがフィーチャーされるのかを楽しみにしているシュプリームファンも多いのです。
シュプリームの買取についてはこちら»