カナダグースのはじまり

カナダグース社は、1957年首都トロントに創業した老舗ブランドです。その前身はウール素材を使ったベストやレインコート、スノーモービル向けのウェアを専門とした会社でした。 その後、設立者サム・ティックの義理の息子が入社。衣服に大量のダウンを充填できる機械を発明、革新的なスポーツウェアの時代を築き「スノーグース」が設立されました。 1957年から2000年になるまで、様々な商品開発が進行します。まず、極寒の地で活動する人々のデータを収集し、南極でも耐えられるParka(パーカー)を開発。これが「ビッグ・レッド」として長く人々に親しまれました。 1982年には、特注で製造されたパーカーを着た登山家がカナダ人初のエベレスト登頂達成。このパーカーは2000年に入って新たな商品として販売されました。

さらなる転換期

1900年代の終わりから2000年初めにかけて、カナダグースはさらなる転換期に入ります。2001年に設立者サム・ティックの孫が入社と共にCEOに就任。「メイド・イン・カナダ」へのこだわりを宣言しました。 2000年以降、カナダグースは様々な団体や人物とパートナー契約を締結します。パートナーとなった犬ぞりレースのマッシャーは、犬ぞりレースで世界記録を出した歴史的人物。 また、映画の公式ジャケットとして登場したのも2000年代です。世界中で生息しているホッキョクグマの2/3がカナダにいるというデータがあり、カナダグースは「ポーラーベアインターナショナル」と協力しコレクションを発表。 売り上げは、ホッキョクグマの活動支援のためポーラーベアインターナショナルに寄付しました。

長い歴史を持つカナダグース

カナダグース創立50周年の2007年には書籍を出版。世界でカナダグースと共に冒険家として活躍する50人を紹介しました。 2009年、カナダグースで生地やボタンなどの付属品を取り扱うセンターをカナダの北極圏に開設。北極圏に住むイヌイット族の裁縫の手助けに、生地や付属品などを無償で提供する支援をしています。 2010年、カナダグースは、製品の需要対応のためにカナダに製造工場を増設。その後も軽量アイテムや激しい運動に適した商品などを次々と開発、発表し、アウトドア専門誌からも一部の商品が受賞を受けるまでになります。 創設当初は小さな倉庫から始まったカナダグースは、世界中で愛用されるメーカーとなりました。
カナダグース 高価買取いたします »