創業より170年以上の歴史を誇る老舗メゾン、エルメス。伝統あるブランドでありながらも、様々な革新的なコラボレーションを実現しています。

革新的なコラボレーション

2015年には、最先端のツールを提供し続けるアップル社(Apple)とコラボレーションして、大きな反響を呼びました。コラボレーションの対象となったアイテムは、腕に装着して様々な情報をキャッチできるウェアラブル端末、アップルウォッチです。 このコラボレーションにあたって、アップルのチーフデザインオフィサーであるジョナサン・アイブは次のように語っています。「アップルとエルメスは大きく異なる商品を扱っていますが、質の高いデザインへの深い理解を落とし込むという点では、共通している」 また、エルメスのアーティスティックディレクター、ピエール・アレクシィ・デュマは「私たちは、お客様の暮らしに、エレガントかつクリエイティブで機能的なオブジェを提供することを目指しています。この理念を具現化するにあたって、アップル社とのコラボレーションはベストな選択で、まさに馬と馬車のような完璧なチームです」と。

豊富なバリエーション

このアップルウォッチは、「シンプルトゥール」(Simple Tour)、「ドゥブルトゥール」(Double Tour)、「カフ」(Cuff)の3つのバリエーションでリリース。ウォッチケースは全てステンレス製のケースを採用し、フェイスサイズは38mmと42mmの2サイズが用意されています。 ベルト部分については、シンプルトゥールは、フォーブ(赤みのあるブラウン)とブラック、38mmならさらにカプシーヌ(くすんだ赤)、ブルー・パン(ターコイズグリーン)、ブルー・サフィール(濃いネイビー)、ブラン(ホワイト)、フー(オレンジ)なども選べます。 ドゥブルトゥールはケースサイズ38mmのみの展開で、ベルトはフォーブ、カプシーヌ、エタン(ダークブラウン)、ブルージーン(サックス)の4色から選べます。カフはケースサイズ42mmのみ、カラーもフォーブのみで、ベルトの幅も広く、オフィスシーンでもフィットしそうなモデルです。 コラボレーションモデルというと、個数限定のようなイメージもありますが、このエルメス×アップルウォッチはスタンダードなモデルとして位置づけられ、個数に限りがなくいつでも購入できるのが特徴です。
エルメスの買取についてはこちら»