ボシュとロムの出会い

世界最高峰のサングラスブランドである「レイバン」は、ボシュロム社が創りあげたと言われています。「ボシュロム(Bausch & Lomb Incorporated)」とは、ある男性2人のファミリーネームからなる社名です。 「ジョン・ジェイコブ・ボシュ」と「ヘンリー・ロム」で、ドイツ生まれの2人新天地として行ったアメリカで出会ったことが、ボシュロム150年もの歴史の幕開けとなります。 ボシュはドイツに生まれ、スイスの眼鏡店で眼鏡技師として働いたあと、1849年にアメリカで挑戦することを決意し19歳で渡米しました。 一方ロムは、同じくドイツ生まれのボシュより2歳年上。彼がアメリカへ渡ったのも1849年でした。2人はニューヨーク州のロチェスターで出会い、ドイツの移民同士ということで友人となりました。 しかしビジネスパートナーとして「運命の約束」をするまでにはまだ数年の歳月を有することとなりました。

二人はビジネスパートナーに

ボシュはいくつか転職したあと、自分の得意とする分野で1853年にロチェスターでお店を出します。 全米中を探しても顕微鏡が50台となかったこの時代に、アメリカ製の眼鏡はもちろんなく、郷であるドイツから眼鏡や望遠鏡、オペラグラスなど最先端の光学機器を輸入し、販売を始めました。 しかし当時の眼鏡は高額なフレームとレンズがセットになっており、視力矯正器具というよりは、アクセサリーやファッションといった贅沢品だったため、ビジネスは思うようにいきませんでした。 3年経っても赤字のままでお店は潰れそうでした。そんなときに助けてくれたのが、のちのビジネスパートナーとなる、ロムでした。 アメリカに渡ってから大工として働いていたロムは、友人であるボシュに60ドルもの大金を投資しました。このときボシュは、ビジネスが上手くいったときは、ロムをパートナーとして迎え入れるという約束を交わします。

ボシュロムの設立

しかし思うように軌道に乗らず負債は膨らむ一方。そんな逆境の中、たまたま道で拾ったひとかけらのゴム片がボシュを救います。 この硬化ゴムを、高価な眼鏡フレームの代替えに出来ないかと考えます。「この材質は眼鏡に理想的だ」と確信したボシュは、早速どのようにフレームに加工するか実験し、ついに眼鏡フレームを打ち抜く手動のパンチプレスを開発。それはロムと約束をしてから、実に5年もの月日が流れていました。 ボシュがプレスを開発したころ、ロムは南北戦争の志願兵として、戦地へ赴きます。そのころにはロムへの借金が1000ドルに膨れ上がっていましたが、それでもロムは兵士としての給料の一部をボシュに送金し、支援し続けます。 そしてレイバンの共同経営者としてロムを迎え入れ、1863年にレイバンを築き上げた「ボシュロム」が設立されました。
レイバンの買取についてはこちら»