源馬大輔という人物

クリエイティブディレクターとして日本のみならず、海外でも活躍の場を広げるのが、源馬大輔(げんまだいすけ)です。ファッション業界で飛躍を遂げているブランド「サカイ(sacai)」のクリエイティブ・ディレクションを手掛けていることでも知られています。 1975年生まれ、1996年イギリスに渡り、翌1997年ロンドンのセレクトショップであるBROWNS社(ブラウンズ)に入社しバイヤーとしてのキャリアをスタートします。 2002年に日本に帰国し、東京 中目黒にオープンするセレクトショップのFAMILY(ファミリー)の立ち上げに参加しました。2007年には独立を果たし、源馬大輔事務所を設立しました。この時期に、サカイのディレクションに源馬大輔が加わることになります。 サカイのディレクションに加わることになったのは、サカイのデザイナーである阿部千登勢(あべちとせ)本人から、一流のブランドにする手伝いをしてほしいとの依頼があったことがきっかけでした。 この当時源馬大輔の仕事スタイルには無かった分野で、この依頼に対し新しいチャンスと思い参加を決意します。

飛躍に繋がったランウェイスタイル

サカイのそれまでの見せ方は、小さな会場で小じんまりとした展示会を行うスタイルでした。デザイナーである阿部千登勢本人の意向もあり、大きな舞台での大題的なファッションショーを行うことに重きを置いていませんでした。 そんな見せ方を試行錯誤していくうち、源馬大輔は世界的に知名度を上げるためにはヨーロッパで開催されるようなファッションショーの形態を取らざるを得ないのではとの考えに至っていきました。 そこで源馬大輔が考えたのが、360度を歩く円形のランウェイスタイルです。これまでの直線を歩くランウェイではなく、サカイの服を360度どの角度からも楽しめる新たな見せ方を考案します。 この発案を源馬自身が振り返り、ヨーロッパなどで開催されるファッションイベントにプラスして、ユニークで、世界で特別な存在になることが重要だと語っています。そんな重要性をいち早くディレクションし、サカイのブランド感を表現した源馬大輔の力は大きな飛躍に繋がったとされています。
サカイ 高価買取いたします »