デザイナー阿部千登勢(アベチトセ)が、コムデギャルソンでパタンナーや企画経験などを積み、出産を機に退社しました。そして、母として子供を育てながら、1999年ブランド「sacai(サカイ)」をスタートさせます。 普遍的とクラシカルな様々なアイテムを組み合わせ、「日常に成り立つデザイン」というコンセプトを軸に、サカイらしさを追求するスタイルが多くの人を魅了しています。

sacaiのスポーツブランドとのコラボ

そんなサカイがブランドとして大きな分岐点となった事業が、2015年に行った「NikeLab(ナイキラボ)」とのコラボレーションです。 NikeLabは、2014年にスタートした世界的スポーツブランドであるNikeが開設したオンラインショップや実店舗、デジタル事業の架け橋として最新のイノベーションをリアルに感じることのできる場所です。 様々なデザイナーとのコラボレーション企画もあり、NikeLab限定のアイテムを提供しています。

コラボレーションアイテム

サカイとNikeLabとのコラボレーションは、Nikeの伝統をもつメンズラインのシルエットを元に、女性デザイナーならではの女性らしさやモダンさをミックスさせたスタイルが特徴的なアイテムが並びました。 テニスやランニング、アメリカンフットボールのスポーツアイテムをベースにした、ジップ付きのテックフリースや、フーデットスウェットシャツ、スポーツスカートなど8点をピックアップしています。 動きを表現するプリーツや、ぺプラムなどサカイディテールとも言える細やかなデザインが光り、Nikeのデザイン理念である「動いている体を称賛する」にマッチしたシルエットにも大きな評価を集めます。 コラボレーションはウェアのみに留まらず、Nikeの人気シューズラインであるエアマックスにもサカイテイストをプラスしたアイテムが登場しました。 エアマックスをスリッポン型にする新しいスタイルに、ウェッジをミッドソールにまで伸ばした遊び心満載のデザインになっています。カラーバリエーションも、白ベースのウルフグレー、蛍光グリーンベースのボルト・オブシディアン、黒ベースのオブシディアン・ブラックの3色があり個性的なラインナップが魅力的です。

話題を集めたコラボ

2015年春から、2015年冬にかけて展開されたサカイとNikeLabのコラボレーションは話題を集め、ファッション業界ならず芸能界でも愛用者が続出しました。SNSなどでも、着用写真が注目され人気のコラボレーションとして広まりました。 デザイナー阿部千登勢は実用性や機能的なスポーツウェアは、伝統的なアイディアをもつシルエットに由来すると考えています。「クラシックなモノから刺激を常に受け、異素材や形の融合によって、予想を超える着やすさや、ハイブリットな新アイテムを生み出して行きたいです。」とNikeLabとのコラボレーションにより新たな境地を発見したようです。

2019年最も熱かったコラボスニーカー

2015年に話題を集めたナイキとサカイのコラボ。再びこのタッグが2019年に復活しました。 サカイがテーマとして掲げている「ハイブリッドの美学」という言葉がまさにピッタリなデザインに仕上がっています。 2019春夏~秋冬にかけて、「LDWaffle(LDワッフル)」と「Blazer(ブレーザー)」の二つのモデルから多数のカラーリングが発売されました。 どちらのモデルも、重なり合ったスウッシュ、カラフルな色合いの構成が特徴であるレイヤードスニーカーです。 発売直後、すべて即完売となる程の人気ぶりで日本国内のみならず、2019年の各都市で開催されたファッションウィークでは、「LDWaffle」・「Blazer」ともに海外セレブ・ファッショニスタの着用が多く見られました。

2020年秋、最新作が発表

2020-21年秋冬メンズ・コレクションでナイキとサカイの新作スニーカー「Vapor Waffle(ヴェイパーワッフル )」がお披露目されました。 最新作ではナイキのランニングシューズ VaporFly(ヴェイパーフライ)とWaffle Racer(ワッフルレーサー)のディテールを融合されたモデルを2020年秋頃発売予定となっています。 今後の詳しい国内発売情報などは明らかになっていませんが、早くもスニーカーフリークスから注目を浴び、2020-2021年話題を集めるコラボスニーカーになることは間違いないでしょう。
サカイ 高価買取いたします »