毎シーズン、ファンの楽しみとなっているシュプリーム(SUPREME)とヴァンズ(VANS)のコラボレーション。スケーターとはつながりの非常に強いヴァンズ、シュプリームならでは自由な色使いやデザインが、スケーターのみならずお洒落感度の高い人々を魅了し続けています。

ヴァンズ(VANS)とは

ヴァンズとは1966年に創業されたスケートを中心にスポーツシーンで活躍するスニーカーブランドで現在では老若男女に人気のあるスニーカーブランドになっています。 名前の由来に関しては『ヴァンとその仲間たち』といった由来があります。 またスポーツシーンだけでなく1995年からワープドツアー(WARPED TOUR)というアメリカのフェスのスポンサーにもなっています。(2001年に買収)スケート、スポーツ、音楽に密接な関わりを持ったブランドです。

魅力的なアイテムの数々

人気モデルのエラ(ERA)、スケートハイ(SH8-Hi),オールドスクール(OLD SCHOOL)ランピン(LAMPIN)等の定番商品とのコラボレーションモデルにスター刺繍、ギンガムチェック、ベロア素材といったシュプリームらしいデザインを取り入れています。大胆のプリントもデザインの魅力の一つとなっています。 13SSのPCL(Power Corpuption Lies)、13AWのブルースリー(Bruce Lee)といった大胆なデザインをプリントされたスニーカーは他を圧倒するものとなっています。 また16SSに発売されたエラにシュプリームならではのモーションロゴをソールにプリントしたデザインに関しては発想が自由なスケーターらしさを感じるものでした。 シーズンでの他ブランドのコラボレーションモデルともトリプルコラボとして発売されることも多く、12SSから続いているコムデギャルソン(COMME des GARCONS)を初め、アメリカ合衆国のファーストチェーン、ホワイトキャッスル(White Castle)といったファッション以外のコラボレーションモデルまでもが発売されており、人々の想像を超えたコラボレーションで世の中に驚きを与えています。 シンプルなアイテムにシュプリームらしい味付けを加えたヴァンズのコラボレーションアイテムは、どんなファッションにも溶け込みやすく、シンプルかつダイナミックなデザインが、足元に変化を加えてくれることでしょう。
シュプリームの買取についてはこちら»