ジョルジオアルマーニ(Giorgio Armani)は、メインブランド、ジョルジオアルマーニ(GIORGIO ARMANI)をはじめ、セカンドラインである、エンポリオアルマーニ(EMPORIO ARMANI)やアルマーニジーンズ(ARMANI JEANS)などを発表することで、モード界の帝王としての地位を確立していきました。

アルマーニエクスチェンジのスタート

1991年には、アルマーニエクスチェンジ(ARMANI EXCHANGE)をアメリカでスタートさせます。 アルマーニエクスチェンジとは、メンズとレディースのファッションアイテムやアクセサリーを提供するブランドで、ジョルジオアルマーニのエッセンスと、ダンスミュージックやストリートカルチャーを融合させた新しいスタイルを提案しています。 現在で言うアメリカンカジュアルと呼ばれるジャンルです。 アルマーニエクスチェンジは、アメリカをはじめイギリスやブラジル、日本、中国、韓国などのアジアにも広がり、2013年にはアルマーニグループとしては最大の265店舗を誇るビッグラインへと成長していきます。 1995年にはゴルフウェアやスキーウェアといったスポーツウェアへの進出を図り、別の企業と契約してブランドを貸し、ブランド利用料を受け取るライセンス事業の拡大も進めていきました。

新フレグランスの発表

1995年から1996年にかけて、ジョルジオアルマーニビューティ(GIORGIO ARMANI BEAUTY)から女性用フレグランスの、アクア・ディ・ジオや男性用フレグランスの、アクア・ディ・ジオ、男女兼用のフレグランスである、ジョルジオアルマーニ・クラシコが発表され、2017年の現在でも世界中で愛されるフレグランスになっています。 ジョルジオアルマーニビューティは、誰かの目を引くのではなく、記憶に残るエレガンスを追求し、覆い隠すのではなく引き立たせることを目的としたメイクアップブランドです。

拡大する事業

2000年にはアルマーニコレツィオーニ(ARMANI COLLEZIONI)という、メンズとレディースを統合した新しいレーベルや、ジョルジオアルマーニの家に対するこだわりが詰まったインテリアブランド、アルマーニカーサ(ARMANI CASA)を発表します。 2004年、ジョルジオアルマーニは、ホテル・リゾート事業をスタートさせ、その後ドバイやミラノにアルマーニホテルをオープンさせました。 2005年には、アルマーニプリヴェ(ARMANI PRIVE)のラインで、パリのオートクチュールコレクションに参加し、成功をおさめます。 ジョルジオアルマーニが始めた事業は、ファッションだけに留まらず、アクセサリーやメガネ、メイクアップブランド、インテリア、レストラン、ホテルに至るまで、幅広く成功しています。どの分野の事業においても、消費者のニーズに合ったものを提案しているため、世の人々を魅了し、愛され続けています。
アルマーニの買取についてはこちら»