ジョルジオアルマーニの幼少期

ジョルジオアルマーニ(Giorgio Armani)は1934年7月11日にイタリアのピアチェンツァに生まれました。両親の他に兄のセルジオ、後にアルマーニと共に働くことになる妹のロザンナという家族構成のもとでアルマーニは成長します。 5人の他に姉のシルヴァーナがいましたが、シルヴァーナはアルマーニが生まれる前に無くなりました。第二次世界大戦真っただ中にあり、さほど裕福ではなかったアルマーニの唯一の娯楽は映画でした。映画を見ることで彼は創造性豊かなイメージを育んでいく術を身につけていきました。

母親の影響

また、彼が、人生に置いて最も影響を受けたのは母親でした。しつけに非常に厳しかった母親は裁縫がとても上手で、戦時中の物資の少ない時にも軍服やコロニアルというパラシュートの生地を利用し、工夫をしてアルマーニを始め子どもたちの服を作っていました。 ジョルジオアルマーニのファッションは、当時母親が子どもたちのために創意工夫して作り上げた服の数々や、ファシスト党員である父親の制服に強く影響を受けており、それらが原点であるといえます。

学生時代

高校時代のアルマーニは、まだ、ファッション業界へと進むという明確な意志は持っていなかったにせよ、独特のファッションセンスと美意識を持つ少年でした。 当時、他の生徒たちが親の作った服を着ていた中、彼は行きつけのテーラーを持ち、その頃には珍しい折り返しがないカットソーやズボンを愛用していました。 アルマーニは高校を卒業した後、ミラノ大学医学部へと進学し、医学の道を目指します。しかしながら大学3年生の時に兵役につき、そのまま大学は中退します。兵役に就いている間、彼は最愛の恋人を事故で失うというとても悲しい経験をしました。

大きな偶然

アルマーニは、兵役に就きながらも休暇に入るたびに職探しをしていました。そんなアルマーニがファッションの世界に足を踏み入れたのも偶然の産物でした。 たまたま、職探しの相談をしていた幼馴染みが、大手百貨店リナシェンテが人材を募集していることを聞きつけ、アルマーニに教えました。 今でこそ有名デパートであるリナシェンテですが、当時はまだ、小さな百貨店に過ぎませんでした。しかし、リナシェンテも大きな変化を迎えようとしていた時でした。 アルマーニは幼馴染みから聞いたこのチャンスを見事に生かし、兵役を終えた1957年にリナシェンテにて働くこととなります。これこそが、ジョルジオアルマーニが後に世界的デザイナーとして開花する、第一歩の出来事となりました。
アルマーニの買取についてはこちら»