ヒットマンでの経験

ジョルジオアルマーニ(Giorgio Armani)は1965年、セルッティ(Cerruti)のデザイナーにスカウトされます。 リナシャンテでウィンドウドレッサー兼バイヤーを務めたアルマーニは消費者が求めている素材やデザインに精通し、生産の工程や流通にも通じていたことを認められての採用でした。 彼はセルッティのメンズライン、ヒットマン(HITMAN)のデザイナーに就任します。そうしてニノ・セルッティ(Nino Cerruti)のもとでデザインのノウハウを学びます。

ジョルジオアルマーニ社の設立

1970年、アルマーニは独立を果たしフリーのデザイナーとして数社の紳士服をデザインする仕事をこなしていきました。 そうして1975年、アルマーニよりも10歳年下の建築家、セルジオ・ガレッティと共にジョルジオアルマーニ社を設立します。 同年、フィレンツェにて初めてのコレクションを発表し、翌年にはレディースコレクションも発表します。品質の良い素材、美しいシルエット、着心地の良さを徹底的に追及しているアルマーニのコレクションは瞬く間に高評価を得ました。 また、アクセサリーラインやジュニアライン、アンダーウェアラインなど精力的に展開し、アルマーニは瞬く間にトップデザイナーへと駆け上がりました。

映画への衣装提供

1980年にはリチャード・ギアが主演を務めた映画「アメリカン・ジゴロ」の衣装を担当します。 この衣装がハリウッドでも評判となり、以来ジョルジオアルマーニはジョディ・フォスターやロバート・デ・ニーロ等、映画スターに熱い支持を受けるようになります。

二つの新ライン

1981年にはジョルジオアルマーニのセカンドライン、エンポリオアルマーニ(EMPORIO ARMANI )、初のジーンズラインとなるアルマーニジーンズ(ARMANI JEANS)を発表しました。

輝かしい功績

また、1982年にはTIME誌の表紙を飾ります。デザイナーがTIME誌の表紙を飾るのはクリスチャンディオール(Christian Dior)以来となり、これも多大な注目を集めました。 80年代後半に考案したソフトスーツは紳士服のパターンが生かされた婦人服として一大ブームを巻き起こし、いわゆるキャリアウーマンをリードすることとなりました。

セルジオ・ガレッティの死

1985年、長らく公私ともにパートナーだったセルジオ・ガレッティを白血病で亡くします。 それからしばらくの間、失意の中で精彩を欠いていたアルマーニですが、見事に復活を果たし、1995年にはスキーウェアやゴルフウェアを発表、ライセンスをどんどん拡大していきます。 2000年の秋冬コレクションより、メンズラインとレディースラインを統合、アルマーニ・コレツィオーニ(ARMANI COLLEZIONI)という新レーベルを発表します。 アルマーニは、巨匠中の巨匠という意味の「マエストロ・ディ・マエストロ」と呼ばれるほどの完璧主義者として知られており、その洗練されたデザインと機能性はスーツからアクセサリーに至るまで、全てのコレクションに徹底して貫かれています。また、そのエレガントで荘厳な世界観から、数々の映画の衣装デザインも手掛けています。
アルマーニの買取についてはこちら»