ディベティカはイタリアのモリアーノ ベネトという場所で誕生した、ダウンを専門に取り扱うブランドです。創業は2002年で、比較的新しいブランドと言えます。創業者は、高級ダウンブランドとして世界に名をはせている、モンクレールの元社長。そんな人物が中心となり、今までの豊富な経験を活かした、ダウンのスペシャリストが終結して発足したのが、デュベティカなのです。 ダウンはフランスを中心として広められたとされており、上質なダウンが生産されていることでよく知られています。モンクレールの元社長は、そんなフランスでダウンを意味する「デュベ」と、イタリア語の「倫理・道徳」という意味を持つ「エティカ」を組み合わせたものをブランド名とし、ダウン造りに対しての誠実さと、それに携わる人々への尊敬の念を込めたのです。 デュベティカのダウンには、全てにフランスのペリゴール地方で生産されたガチョウのダウンが使用されています。この地方で生産されるガチョウは、フォアグラ用に飼育されており、このガチョウの胸元の柔らかい部分だけを使用するというこだわりを持つデュベティカ。飼料や飼育方法にこだわり、自然の恵みをたっぷりうけたガチョウから生み出されたダウンは、上質そのものです。フランスの規格協会からも認められており、最高品質のダウンと言えます。ダウンへのこだわりはもちろん、縫製にも手を抜きません。最高とも評される技術を持った、ブルガリアの工場で生産されています。もちろんデザイン性も一流。モンクレールで培ったプロ意識をもとに、こだわりぬいたデュベティカのダウンは日本ではもちろん、世界中から注目される人気ファッションアイテムです。 カジュアルでスタイリッシュなその風貌は、着ぶくれしにくく、体にフィットするサイズ感が、男女問わず人気の商品。ダウンジャケットはもちろん、ベストや、表面の生地の光沢があるものなど、バリエーションも様々です。デザインもさることながら、カラー展開も豊富に取り扱っています。メンズラインやウィメンズラインはもちろん、キッズサイズの展開もあり、老若男女問わず、楽しめるブランドです。
モンクレールの買取についてはこちら»