ラフシモンズは1995年に設立したベルギー・フランスを拠点とし、高い人気を博すファッションブランドです。 昔ながらのかっちりしたテーラードスタイルと反抗的な若者文化を反映させたスタイル、この2つの両極端なスタイルを融合させたファッションアイテムが特徴となっています。

独学で服作りを学ぶ

ファッションアイテムとして高いセンスを誇るアイテムのデザインを手掛けるのは、創業者でもあるラフシモンズ(Raf Simons)です。自身の名を付けたブランドを1995年にスタートさせました。 ラフシモンズが生まれたのは1968年のことです。ベルギーにあるニールペルト郊外の街で育ちました。大学は工学デザイン学校に進学し、写真やビデオなどを学びます。大学卒業後はインテリアデザイナーとして活躍しました。 しかし、大学在籍中の研修でウォルター・ヴァン・ベイレンドンクのオフィスで働いたことにより湧いたファッション業界への興味を捨てきれず、独学で学び始めます。

リンダ・ロッパの存在

そして、独学ながらも、その才能を開花させていきます。アントワープ王立美術アカデミーへの入学を希望しましたが、ラフシモンズの作った服を見たファッション学科ディレクターのリンダ・ロッパに「学ぶ必要がない」と告げられたというのは有名なエピソードです。 そして1995年、リンダ・ロッパからの後押しにより、ミラノの展示会でコレクションのプレゼンテーションを行います。これがラフシモンズのブランドのスタートとなりました。

ラフシモンズスタート

1998年秋冬からパリメンズプレタポルテ・コレクションに参加します。 2000年秋冬には、イタリアの革製品メーカールッフォ者が行う若手のデザイナーを起用するプロジェクト、ルッフォ リサーチのデザイナーに選ばれ、メンズラインを担当、そのコレクションを最後に、自信の休養期間としてブランドのコレクション発表活動を休止しました。 休止中の2000年10月からは、ウィーンにある応用美術大学でファッションを教える活動も行っています。 休養期間を経て、2002年秋冬コレクションから再度活動スタートです。 2003年にスイスで行われたコンテンポラリー・デザイナーコンクールに参加し、栄えあるグランプリを受賞しました。

ジルサンダーとカルバンクライン

ラフシモンズのこれまでの功績が評価され2005年7月より、ジル・サンダーのクリエイティブ・ディレクターに就任が決まります。 2012年秋冬コレクションでジル・サンダーを退任すると、今度はクリスチャンディオールのアーティスティック・ディレクターに就任しました。現在は、カルバンクラインのチーフ・クリエイティブ・オフィサーとして活躍しています。 色々なブランドにも引っ張りだこのラフシモンズは、その才能を広く発揮しています。これからも、ラフシモンズの発表するコレクションと活躍に期待が高まります。
ラフシモンズの買取についてはこちら»