リックオウエンスとは

リックオウエンスは、1997年に創立したフランスのブランドです。ケイト・モスやマドンナ、ブラッド・ピットなど、多くの著名人もそのアイテムを愛用していることでも知られています。 もちろん日本でも、メンズレディースともに絶大な人気を誇るブランドです。 リックオウエンスの定番アイテムのレザージャケットを筆頭に、ヴィンテージ加工されたモード感のあるアイテムに特徴を持ちます。 ストリートファッションにボリュームのあるハイカットスニーカーというスタイルを定着させたのはリックオウエンスの功績です。

歴史の始まり

ブランドデザイナーを手掛けるのは、アメリカ・カルフォルニア州出身のリックオウエンス(Rick Owens)です。のちに結婚するパートナーのミシェル・ラミーのコレクションのパタンナーを長年経験した後、1997年に自身のブランドをスタートさせました。ここからリックオウエンスの歴史が始まります。 2001年、リックオウエンスの初めてのコレクションはニューヨークで発表されました。当時のフレンチ・ヴォーグ誌の編集長を始め、多くの編集者がリックオウエンスを賞賛したことが、リックオウエンスのブランドを一気に有名なものにしました。 その年、別名ファッション業界のオスカー賞との異名を持つ、アメリカ・デザイナーズアワードで新人賞であるペリーエリス賞を受賞します。 2003年からは、コレクション発表の場をパリに移します。2005年にはジャージーで構成されたリックオウエンスリリーズを発表、それと同年に家具コレクションも発表しました。ファッションだけでなく、インテリアにもその世界観を反映します。 2006年には、イタリアのメンズファッション見本市である「Pitti Imagine Uomo」でゲストデザイナーに選出され、その際に初めてとなるメンズのランウェイショーを行います。

日本への進出

日本への進出は2009年のことです。東京・青山の地にリックオウエンスの旗艦店がオープンしました。リックオウエンスの家具も置かれたその店は、ブランドの世界観が反映された空間となっています。 2015年にはリニューアルオープンし、コンクリートむき出しの壁の無機質な空間へと生まれ変わりました。 まだブランドの歴史は浅いものの、着実にブランドの名を広げているリックオウエンスは現在、世界の300店舗でリックオウエンスのアイテムが取り扱いされています。これからのリックオウエンスのコレクションにも期待が高まります。
リックオウエンスの買取についてはこちら»