サカイのコンセプト

「Sacai(サカイ)」が商品をデザインするにあたり大切にしているコンセプトとは、「日常の上に成り立つデザイン」であることです。 普段の日々で気負いなく着用できる素材やデザインでありながらも、優雅で上品な要素を取り入れたり、複数の異素材を組み合わせたり、あるいはシルエットを独特にするなど、日常の中でもきらりと光る新たなスタイルを表現しています。 サカイのアイテムは男女どちらからのファンも多く、ファッション業界から注目されています。

代表的なニット

サカイのデザインするアイテムで特に注目されているのはニットです。ブランドがスタートした際にも、5型のニットからでした。品質的にも扱いの難しいニット素材を、徹底した品質管理のもと、発表します。 その徹底ぶりは、毛玉ができる商品を発見すると、ブランドの自己負担で即回収するという程です。また、ニットの編み方も他のブランドは異なり、異素材を取り入れながら、部分的に編み込み方を変えるように特徴的に作られています。

ドローコードシャツ

ニットと共に定番アイテムとなっているのが「ドローコードシャツ」です。これは、シャツの裾の部分に切り替えを施しており、ドローコードがつけられています。着用する際にはドローコードで裾を絞ったり、シルエットを変えたりすることができ、自分好みの着用の仕方が可能です。 その他にも、メンズラインで人気を集めているイージーパンツは、上品な見た目と、快適な履き心地が特徴のパンツです。様々な素材で展開されており、季節に応じた着用が可能できます。

sacai gemとsacai luck

2006年にはサカイの新しいコレクションラインである「Sacai gem(サカイ ジェム)」を発表しました。これは、デザイナーの阿部千登勢がサカイを立ち上げる前にパタンナーを務めていたコム デ ギャルソンが、イタリアのミラノにあるセレクトショップとコラボレーションした「ディエチ コルソ コモ コム デ ギャルソン」の中でしか販売されないラインです。 現在はロンドンと、日本では銀座のショップで展開されています。 サカイジェムと時を同じくして発表した「Sacai Luck(サカイ ラック)」は、サカイのメインラインとコンセプトは同じにしながら大人のランジェリーやホームウェアを展開します。 サカイ ラックはその後アップデートを繰り返しながら、2010年からはよりリラックスにポイントを置いたコレクションとして展開をしています。
サカイの買取についてはこちら»