sacaiとは

シンプルの中に個性を感じるおしゃれアイテムを発信する「sacai(サカイ)」は、1999年阿部千登勢がデザイナーを務める日本を代表するブランドです。 デザイナー阿部千登勢は、comme des garcons(コムデギャルソン)で経験を積み、妊娠を機に退社しました。出産を経て新たな価値観を手にした阿部千登勢はブランド サカイをスタートしました。 「日常の上に成り立つデザイン」を軸に、クラシックなアイテムに、サカイ流ともいえるアレンジを加え独特でありながらも、日常に使える服を提供しています。 そのデザイン感や、細かな技術に魅了されるファンは世界中に拡大しており、ファッション業界のみならず、おしゃれアイコンとされるセレブたちに愛用者が多いことでも有名です。

sacaiとMONCLERのコラボレーション

そんなサカイのデザイナー阿部千登勢に、アウターなどで名高いフランスのブランド「MONCLER(モンクレール)」から、日本人では初めてのデザイナーオファーが届きます。このニュースはファッション業界を驚かす大ニュースでもありました。 モンクレール社の会長夫人は、サカイの愛用者ということもあり、阿部千登勢の抜擢にもつながったとされています。サカイはモンクレール社以外にも他社からのオファーがあったものの、意向に合う内容がなく断っていました。 しかしモンクレール社のオファーには、面白いものができるのではという期待が高かったため、オファーを承諾しました。 「モンクレールS」と名付けられた、サカイとモンクレールの合作は、サカイテイストが色濃く活かされたデザインが並んでいます。 モンクレール人気のダウンをベースに、フリルやシフォンを配置し、ダウンとは思えないほどのフェミニンな印象に変化したコレクションは、販売と同時に完売状態になり、世界中から注目を集める大人気のアイテムとなりました。 モンクレールという大きなマーケットで、サカイがコラボレーションのアイテムを展開したことはサカイにとって大きな反響を呼び、認知度をより一層広げる分岐点になりました。
サカイの買取についてはこちら»